バイクは駐車場or駐輪場、どっちに停めるべき?

バイクは駐車場?駐輪場?どっち??

自動車よりも手軽で、自転車よりも速く移動できることが魅力のバイクですが、駐車の際には少々戸惑うケースも出てくるかもしれません。

特にこれからバイクを移動手段としようと考えている人は、「駐車場と駐輪場のどちらに駐めるべきか問題」について、しっかりと理解・認識しておく必要があるでしょう。

普段からバイクを使っているけれども、駐車場所については実は曖昧だったという人も、ぜひ参考にしてみてください。

50cc以下のバイクの場合は『駐輪場』

駐車場に駐めるべきか、それとも駐輪場を選択するべきかの判断は、バイクの排気量によって変わってきます。50cc以下であれば、自転車を駐めるためのスペースである駐輪場を選択するようにしてください。

理由は簡単で、道路交通法で排気量50cc以下のバイクは自転車とみなしているからです。「原動機付自転車」という表現からも、このことがわかるはずです。

原付バイクも「バイクだから」という理由で駐輪場に駐めることを躊躇してしまう人もいますが、排気量が小さければ自転車と同じように駐車して構いません。見た目的には少し違和感がありますけど、法律的には問題ないのです。

50cc以上の小型〜大型バイクの場合は『駐車場』

上のルールだけ覚えておけばもう心配はないはずですが、一応説明しておきましょう。

排気量が50ccを上回るバイクの場合には、自動車を駐めるための駐車場を利用しなければいけません。道路交通法で、このタイプのバイクは「自動車」に区分されるためです。

50ccは超えているけれども、小型バイクのようなあまり大きくないバイクの場合には、逆に駐車場に駐めることをためらってしまう人もいるでしょう。それでも扱いは自動車と同じになるわけですから、排気量が50ccを超える場合には駐輪場ではなく、必ず駐車場に置くようにしてください。

バイク専用の駐車場がある場合は駐車場のほうに駐車する

駐輪場に駐めるべきか、それとも駐車場を利用すべきかの判断は、上で説明したようにバイクの排気量によって変わってきますが、そもそもこれはバイク専用の駐車スペースが用意されていない場合に限ります。

もしバイク専用の駐車スペースのある施設に駐めるのであれば、排気量に関係なくその場所に駐車した方がいいでしょう。

自動車を駐めるべきスペースにバイクを駐めると、「自動車を駐車したいのに、バイクがあるから駐められない」と、利用者から苦情がくる場合もあります。駐輪場も同様です。原付バイクであっても、駐輪場に駐められると困る、あるいは「なんで駐輪場にバイクが駐めてあるんだ」と違和感を覚える人もいるのです。

こうしたクレームを避けるためにバイク専用の駐車場を設けてくれている施設もありますから、その場合には原付も小型も中型も大型も関係なく、バイクは全てそこに置くようにしてください。

もし心配であれば、施設の人に置き場所を確認してもいいかもしれません。バイク専用駐車場には50ccを超える排気量のものに限る、つまり原付バイクは駐輪場に置くようにしているケースもありますから、尋ねた上で駐める場所を選択するようにした方が無難でしょう。

バイク専用の駐車場はアプリで探すのがおすすめ

バイクで移動することの多い人のために、二輪駐車場を簡単に検索できるアプリを紹介します。

ツーリングサポーターbyNAVITIME

バイク乗りなら必ずスマホに入れておきたいアプリがNAVITIMEの「ツーリングサポーター」です。ツーリングを楽しむ人のために、あらゆる情報を提供してくれています。

ツーリングロードはもちろん、地図もわかりやすく表示。ナビとしての使い勝手もよく、オンライン上で情報の更新もされるので、最新スポットも随時チェックすることが可能です。

その中で嬉しいのが二輪駐車場検索機能。現在地の近くにある駐車場を即座に見つけることができます。どの程度の距離にあるのかはもちろん、駐車場の詳細情報も手に入るので、時間の節約や路上駐車などを回避することが可能となります。

利用者からの評価や満足度のとても高いアプリですから、バイクを利用するなら早い段階で入手しておくべきでしょう。

バイク駐車場検索

「バイク駐車場検索」は、その名の通りのサービス。全国のバイク用の駐車場や駐輪場をネット上で探すことができます。

  • 利用可能時間
  • 収容台数
  • 車種制限
  • 一時利用料金

設備等にもよりますが、上記のような情報を、このサイト一つで得ることが可能です。今すぐにバイクを駐めたいと思った時に能力を発揮してくれるサイトとなるでしょう。

備考欄も含め、全ての情報をしっかりと確認することで、自分や愛車にぴったりなバイク用駐車場と出会うことができます。

地図上からもバイク用の駐車場を見つけられますから、目的地や現在地からの位置関係も視覚的に把握できて、とても便利です。

駐車料金検索〜PPPPark

ただバイクが駐車できるスペースを探すだけではなく、料金も合わせて検索できる優れものアプリが「駐車料金検索〜PPPPark」です。

場所と時間を設定するだけで、近くの駐車場及びバイクが駐められる駐輪場を見つけ出すことができます。距離で選んでもよし、駐車料金で選んでもよし、選び方は自由です。

料金順にも表示してくれますし、リスト表示すれば距離や台数なども同時にチェックすることが可能です。自分の目的や優先したい要素によって選んでみるといいでしょう。

都内に多くの駐車場がありますが、その中でも都内の停めやすい駐車場はこちらのページで紹介してます。ぜひチェックしてみてください。

駐車場の豆知識の関連記事
  • 私は砂利派(*´з`) 駐車場の地面の種類
  • 決定版!!都内の停めやすい駐車場【まとめ】
  • 知っておきたい!!駐車場経営のリスク
  • 儲かる?儲からない??駐車場経営の秘密
  • バイクは駐車場or駐輪場、どっちに停めるべき?
おすすめの記事
【福岡県民向け】福岡空港の駐車場料金
全国の空港の駐車場事情
福岡空港の駐車場の利用料金 福岡空港には、国内線用の駐車場と国際線用の駐車場があります。 国内線の駐車場は、入場してから1時間ごとに200円...
種類別!コインパーキングの使い方
コインパーイングの基礎知識
コインパーキングは『ゲート式』と『ロック式』で使い方が違う! 街を歩けばそこかしこに見かけることができるコインパーキングですが、これには主に...
【関東民向け】羽田空港の駐車場料金
全国の空港の駐車場事情
羽田空港の駐車場の利用料金 羽田空港には駐車場が複数ありますが国内線は利用料金が共通しており、入場から30分以内に出場すれば、無料で駐めてお...