【北海道民向け】新千歳空港の駐車場料金

新千歳空港の駐車場の利用料金

空港を利用する際は長時間駐車しておくことが多いはずなので、駐車場の利用料金は気になるところです。

新千歳空港の場合、駐車場が複数あり、それぞれで利用料金にも違いが出てきます。

例えば、A駐車場は、1泊2日・23時間の利用で1,200円という金額がウリとなっており、時間帯によってはかなりの格安で車を置いておくことが可能です。

30分までは無料で、それ以降は30分や1時間ごとに100円から150円が加算されていくという料金システムになっています。7時間を超えると2日目に突入しない限りは最大料金1,200円となっているわけです。2日目以降もほぼ同様の形で料金が加算されていきます。

B駐車場も30分までは無料です。30分ごとに100円が加算されていき、2時間以降は1時間ごとに150円が加算され、24時間の料金は最大1,200円とA駐車場と似たような料金形態となっています。

C駐車場は、24時間ごとに500円と、他の駐車場と比べるとリーズナブルに利用することが可能です。

【豆知識】新千歳空港には3つの駐車場がある

上で紹介したように、新千歳空港には3つの駐車場が存在し、それぞれで特徴が異なります。

A駐車場

A駐車場は収容台数が1,800台以上あり、そのうち大型車両枠が3台、障害者用枠が28台となっています。

規模はB駐車場にはかないませんが、新千歳空港のターミナルビル直結であり管理事務所も設置されているため、メインの駐車場といってもいいでしょう。

B駐車場

こちらも24時間営業で、収容台数はA駐車場を上回る2,400台以上となっています。ただし、大型車を駐車することはできません。

有人対応は朝の7時から夜の11時までとなっており、夏場は有人対応終了時刻が夜の11時半まで延長されます。

C駐車場

A駐車場とB駐車場はターミナルのごく近くにあるのですが、C駐車場はそこから離れた位置に存在しています。

普通車は243台駐車することができ、観光バスは60台以上駐めることが可能です。

C駐車場に関しては観光の大型バス用の駐車場と考えておくといいでしょう。ただ、利用料金はとても安いので、そこに魅力を感じれば利用価値は出てくるはずです。

新千歳空港周辺の駐車場

千歳空港ノースパーキング

千歳線と中央大通に挟まれた位置にある駐車場です。収容台数は300台とそこそこの規模があります。営業時間は朝の6時から夜の11時ごろまでと24時間利用することはできませんが、1日の利用で500円ほど、それ以降は1日ごとに500円アップしていく料金設定となっており、6日目以降は3日〜5日ごとに500円アップと、低料金での駐車が可能です。

エアポートパーキング

道道130号線沿いにある駐車場です。営業時間は朝の6時から夜の11時までですが、24時間体制で警備されているので安心です。新千歳空港までの無料送迎もあります。1,000台ほどが駐車できるスペースがあり、1日500円の明朗会計である点も魅力です。

ニックウパーキング

国道36号線から道道に入ったところにある駐車場です。サービスに重点を置いた駐車場なので、満足感は高いでしょう。ペットホテルなども完備してくれています。1日の利用で1,200円、日帰りは600円と高くはありませんが、事前に予約を入れるとさらに安い料金で利用できます。

  • 【福岡県民向け】福岡空港の駐車場料金
  • 【関西民向け】伊丹空港の駐車場料金
  • 【愛知県民向け】セントレア(中部国際空港)の駐車場料金
  • 【海外旅行したい人向け】成田空港の駐車場利用料金
  • 【関東民向け】羽田空港の駐車場料金
  • 【北海道民向け】新千歳空港の駐車場料金
おすすめの記事
知っておきたい!!駐車場経営のリスク
駐車場の豆知識
駐車場経営で考えられるリスク① 事故 何か事業や商売を始めようと思えば、必ずリスクがつきまといます。駐車場経営はリスクの少ない商売であり投資...